専業主婦でもかりれる元利定額リボルビング方式。借り入れをしたら返済シミュレーションをする

友人・知人間での貸し借りであれば話は別ですが、金融機関などからお金を借りるということは、決して簡単にできることではありません。一定以上の社会的信用が無ければ、1円すら借りることができないのが現実です。社会的信用というのは、特に経済的な信用を意味しています。仕事をしていて、安定した収入がある方であれば、それなりの金額を借りることが可能ですが、無職の方、収入が少ない方の場合は、お金を借りることには苦労します。

しかし、近年では借金の申し込みがあった際に行われる審査が緩やかな金融機関も増えてきました。審査が緩やかであれば、収入源を持たない専業主婦でもかりれるケースが多いです。専業主婦でも借りられる金融機関というのは、基本的には消費者金融ということですが、返済の方式は元利定額リボルビング方式になっていることが普通です。

元利定額リボルビング方式というのは、ローンを返済する際に、元金と利息とを合計した毎月の支払い金額を、利用した金額とは無関係に、一定の金額を支払っていく返済方式のことです。いわゆるリボルビング払いの一種です。元利定額リボルビング方式によって返済する場合は、毎月、あらかじめ指定した一定の金額を支払い、その金額の中から利息分を差し引いた金額が元金に充当されることになります。指定した金額ずつ元金が減っていくわけではないので、注意が必要です。

どのような方式にせよ、借り入れたお金をどのように返していくか、返済シミュレーションをしなければなりません。必要最低限の金額を借り入れるように心がけ、返済しきれなくなる事態だけは避ける必要があります。

専業主婦でもかりれる借り入れの返済シュミレーション~アドオン方式の場合~

残業代削減、社会保険料の増加、消費税増税など、世帯あたりの可処分所得を減少させる要因に悩まされます。さらに、ケガや病気の治療などといった急な出費が発生する可能性は否定できません。そんな時、共働きで奥様にも所得がある場合には、それをもとに消費者金融で融資を受けることが簡単にできます。しかし、奥様が専業主婦の場合には、奥様に所得がないことから返済能力に欠けると判断され、たちまち残高不足に陥ってしまいます。こんな状況にも対応できるように、最近では、専業主婦でもかりれる消費者金融が増えてきています。旦那様の収入や金融資産が一定程度あれば、融資を受けることができます。
気になるのは、借り入れ後の返済方法です。金融機関によって条件がことなるため、返済シミュレーションをしてみることが大切です。今回は、「アドオン方式」による借り入れを行った場合の返済シュミレーションを説明します。
アドオン方式とは、分割返済をする場合の利息計算方式の一つです。「アド(add on)」とは、上乗せするという意味です。借入元金に返済期間に生じる利息を上乗せした金額を融資額とみなして返済することになります。たとえば,年利6%で借りた100万円を2年間にわたって返済する場合、元金100万円に2年間の利息12万円を合わせた112万円の融資を受けたとみなして返済することになります。したがって、利息の支払額は、融資を受けた100万円を2年後に一括で返済する場合と同じ金額となります。返済を続けて借入元金が減少しても、満額分の利息を支払わなければならないという問題はあります。しかし、専業主婦でもかりれる方法として、利息の計算が単純である点で見積りの計算を容易に行えるといったメリットがあります。

専業主婦でもかりれるカードローンの返済シュミレーションを元金均等方式で立ててみる

専業主婦でもかりれるキャッシング商品は、現在貸金業法の総量規制の影響で信販会社がすべて手を引いてしまっており、一部の銀行が提供している商品に限られています。

とはいえ、専業主婦でも緊急にお金が必要な事もありますし、そのような時に困った挙句にたちの悪い貸金業者に手を出すよりは保険の意味でもこのような専業主婦でもかりれるキャッシング商品を申し込んで、いざという時の備えをしておくことは無駄ではありません。

ただ、もともと収入のない専業主婦ですから借り入れの際には返済返済シミュレーションを立ててそれに従った返済をしていくことが大切です。
もちろん余力があればそれ以上の返済をしたほうが、高い利率に対する支払利息を少しでも少なくすることが可能です。

この際の返済シミュレーションは、元金均等方式で行う事がお勧めです。
なぜなら、この方式は元金をつねに定額で返済し、それに加えて支払利息を支払っていくという方法で、最終的な支払利息の金額も少なくなります。また完済までの期間も短くなります。
往々にしてこのような借入をする際は夫に黙って行う例が多いことから、できるだけ早期に返済していくことが大切です。

返済の方法としては、銀行側のお勧めである元利均等方式による返済もありますが、返済期間が長くなります。
定期の返済は元利均等方式による返済になりますので、その返済計画を確認して元金均等方式との差額を毎月ATM等から返済することで、無理のない返済が可能になります。

専業主婦でもかりれるカードローンは無理のない元利均等方式で返済すると手軽にできます

最近専業主婦でもかりれるということをキャッチフレーズにしたカードローンがあります。
このようなカードローンは銀行が企画して貸し出しをしています。
昔は信販会社も同様の商品を企画していました。しかし貸金業法の改正でニュースでも出ていた総量規制が施行された影響で、専業主婦にお金を貸すことが難しくなったため、貸金業法の影響を受けない銀行だけがこのような商品を企画しています。

専業主婦でもかりれるこの商品は、一定金額までならば収入証明がいらない等、専業主婦にとって非常にありがたい商品内容となっています。
特に多額の資金が必要ではないものの、専業主婦であっても当座の突発的な資金の立替えなどでお金が必要になる事かあるのです。

ただし、借り入れの際はきちんと返済シミュレーションをたててから借り入れをすることが必要です。
銀行側は毎月一定額の返済を義務付けていますが、この金額に従って返済する方法を元利均等方式と言います。
この方法は、最低返済額を支払い続けると一定期間で返済が終わるという方法で、自分で難しい計算をして考え込む必要のない簡単な方法です。

この場合の返済シュミレーションは銀行のホームペーシで計算できるようになっていることが多いことから、借りたい金額と返済に要する期間を入力することで簡単に計算することが可能です。
この手の借り入れは、夫に内緒ですることが多い事から返済期間をきちんと決めることは非常に大切な事です。

専業主婦でもかりれる借り入れ方法は残高スライドリボルビング方式。返済シミュレーションが重要です

お金を貸してくれる金融機関というと、真っ先に思い浮かぶのは銀行です。銀行というのは、最も安心して利用できる借り入れ先であるということは確かです。しかし、その反面、借金の申し込みに対して行われる審査は非常に厳しくなっています。収入に不安の無い方であれば、安心できる銀行を利用して借金をするのが最適であると考えられます。しかし、収入が少なかったり、全く収入が無かったりする方の場合、銀行では審査を通過できず、お金を借りられないことが多いです。

そのような方は、収入の無い専業主婦でもかりれる金融機関を利用するしかありません。専業主婦でもかりれるのは、一般的には消費者金融です。消費者金融の場合、返済する際の方式が決められていることが特徴です。たいていの場合は、残高スライドリボルビング方式という方式が採用されています。

残高スライドリボルビング方式というのは、ローン返済の際に、元金と利息とを合計して計算した毎月の支払い金額を、借り入れた金額の残高に応じて変動させていく支払い方法のことです。支払う金額は、新規に借り入れた金額に応じて設定されるのが基本となり、それ以降に追加の借金が発生すれば、その度に追加後の元金の残高に応じて、支払う金額を改めて決めていくことになります。

この方式を採用すると、返済が楽になるような印象を受けますが、実際には残高が減りにくいものなので、注意が必要です。最も重要なのは、借りすぎないことです。そして、きちんと返済シミュレーションをしておき、常に残高・返済金額を把握しておかなければなりません。

専業主婦でもかりれる消費者金融系!便利さの裏のデメリットとは

最近では、街中でまるで銀行ATMのような消費者金融のATMもよく見かけます。さらに、テレビCMなども多く放映されている上、ケータイからの借り入れなども可能になってきています。ですが、消費者金融系でお金を借りるには、多くの審査を通らなければなりませんよね。そのため、個人として安定した収入を持たない主婦の女性などは、なかなか借り入れができませんでした。
ですが今日、専業主婦でもかりれる消費者金融系というのが増えてきているのです。自身の収入がなくても、難しい審査もなく、困ったときすぐにお金を貸してくれる、というのはとても便利ですよね。
ですが、その便利さのウラにはもちろんデメリットも存在するのです。消費者金融関連のトラブルとして有名なのは、高利息であること。すぐにかりれる消費者金融ほど、利息が高く、どんどん返済額が上がって行き、しまいには返せなくなる…というような事態も起きます。気軽にお金を借りれる、ということは、そうした返済トラブルを多く引き起こす原因にもなっているのです。専業主婦や安定しない収入だけれどもすぐにお金が必要…となってしまった場合でも、返済できるかどうか、きちんとプランを考えてから行動しましょう。でないと、あとで大きな損害を得るのはあなた本人かもしれません。専業主婦でもかりれる、などとうたっている会社ほど、利息は高い傾向にあります。そういった部分もきちんと考えて、身の回りの人にも相談してから。消費者金融系を上手に活用しましょう!

専業主婦でもかりれる、流通系からの借り入れのデメリット

キャッシングはいろいろな金融機関が提供しているサービスですが、特に審査に通りやすく、専業主婦でもかりれるものの一つに流通系からの借り入れがあります。これは、スーパーやデパート、コンビニなどの流通関連の会社が独自に発行しているキャッシングカードやクレジットカードのことで、配偶者の収入があれば無収入の専業主婦でもかりれるほど、審査に通りやすくなっています。また、該当店舗で商品を購入するときに、割引価格で購入できたりポイントが付くといった優遇措置もあるので多くの人が何枚か作っています。
しかし、便利に見える流通系のカードにも、デメリットはあります。まず、こういったキャッシングサービスを始めた業者の中では比較的歴史が浅いため、サービスの内容や審査、提携atm、顧客サービスなどに不十分な点が見られることがあります。また、もともと貸金業を営んでいたわけではないため、利用限度額は数十万円程度と少額に限られています。自社店舗での利用については優遇サービスが多いですが、それ以外の利用ではあまり恩恵がないので、発行するのは基本的に自分が頻繁に利用する店舗のものに限られてしまいます。どちらかというと、キャッシングがメインというよりは、クレジットカードにキャッシングサービスのおまけがついているものとして考えた方がよいでしょう。メインの借り入れカードとして使えるものは、まだ比較的数が少ないので、申し込み前に検討しましょう。

専業主婦でもかりれる消費者金融系からの借り入れのメリットとは

専業主婦でもかりれるキャッシングは、多くの人が利用している融資の一つです。キャッシングやカードローンといった無担保の小口融資を扱っている金融機関の種類は多く、銀行系や信販系会社、消費者金融系など多岐にわたっています。中でも、消費者金融系は間口が広く、利用者にとってのメリットも大きいため、よく利用されています。
消費者金融のメリットとしては、専業主婦でもかりれるほど審査に通りやすいというのが真っ先に挙げられます。安定した収入があれば、職業については問わないというところが多いため、銀行などで借り入れを断られた人でも融資を受けられる可能性が高くなっています。また審査スピードも早く、業者によっては即日融資が可能なところも多いため、急ぎで現金を必要としている人でも申込みをして間に合うことが多いのも魅力的です。女性の場合には、女性専用のローンを用意しているところも多く、オペレーターを女性のみにしているため、安心して申し込みや相談ができるようになっています。この他にも、優遇金利や無利息キャンペーンなどを展開している業者も多く、より気軽に使えるように工夫されています。申し込み方法や提携atmの種類も多く、時間が取れない人やあまり外出しないという人でも、近くで借り入れや返済ができるのでとても便利です。個人情報に関しても、きちんと登録されている正規の業者は個人情報の保護を義務付けられており、外部に漏れる心配はありません。

専業主婦でもかりれる借り入れ、流通系カードはメリットがいっぱい

総量規制というものができました。これは個人の多重債務者をなくすためにできた制度です。借り入れは年収の3分の1までしかできないこととなり、たくさんの金融機関から年収以上の借金をする、ということは基本的にできなくなってしまいました。
これはこれで良いことなのですが、では年収のない専業主婦がどうしても借り入れをしたいときはどうしたらよいのでしょう?
その場合は収入のある夫の承認を得たという書面、年収を証明する書面、夫と実際に結婚していることを証明する書面、この3枚を提出し、審査を受けることになります。
けれど上記書類は必要なく、専業主婦でもかりれるローンがあります。
それは銀行が発行するカードローンとスーパーやデパートが発行するカードローンです。前者を銀行系、後者を流通系といいます。
専業主婦の場合、流通系が簡単で便利です。
そしてなんといってもそのメリットは買い物をするたびにポイントが付くこと。たぶんすでに多くの方が大手スーパーのカードをお持ちでポイントや割引の特典を利用している方も多いと思いますが、それにカードローンの機能をつけておくと、簡単に借り入れができるのです。
専業主婦でもかりれるカードローン、しかも手軽で便利、買い物をするたびにポイントや割引が効くというのであれば銀行系よりもずっとおトク感があると思います。
けれどちょっぴり注意しなければならないのは、お金を借りた時の金利が銀行系よりちょっとお高いこと。ですから流通系のカードで借りる場合は高額な金額ではなく、何か買い物をする時の手元が少しだけ足りない時やボーナス払いで利用する、ということがいいかもしれません。
上手に使いたいものですね。

専業主婦でもかりれる、信販系からの借り入れのメリット

専業主婦でもかりれる無担保の小口融資を提供している業者の中に、信販系会社があります。これは、主にクレジットカードを発行したり、自動車ローンなどを組んでいるところですが、クレジットカードにキャッシング枠をつける形で現金の融資もしています。
信販系からの借り入れのメリットは、消費者金融よりも金利が安い点や、既にクレジットカードを持っている人であれば、審査なしに専業主婦でもかりれる点にあります。元々、クレジットカードを発行してもらう時に、キャッシング枠をつけるかどうかの選択がありますが、ほとんどの人は特に借り入れをする理由がなくてもキャッシングでも使えるようにしています。こういったキャッシング機能のついたカードであれば、初めてキャッシングを利用する時でも特別な手続きや審査が要りませんので、すぐに現金を手にすることができます。また、一枚のカードでショッピングとキャッシングの両方に使えますので、カードの管理が楽な点も魅力です。持ち歩いていてもキャッシングカードとは思われませんので、気軽に利用できますし、海外でも使うことができます。また、総量規制により、キャッシングでは年収の3分の一までの金額しか利用することができませんが、ショッピング枠については総量規制の対象外になっていますので、借り入れができないときでも買物だけはカードですることができます。審査も比較的通りやすいので、一枚持っておくと便利なカードです。